トップ » 会社概要 » 事業概要/事業内容

会社概要/沿革

事業概要

社名 株式会社 小嶋屋
業種・業態 日本そば専門店
本社 〒948-0082 新潟県十日町市本町4丁目16番地1
TEL 025-757-3155 FAX 025-757-9700
ホームページ http://www.hegisoba.co.jp
代表者 代表取締役 小林 均
展開中の店名 越後十日町 小嶋屋
事業内容 日本そば専門店(過去7度の皇室献上を賜った由緒あるレストランです)
創業 昭和30年4月30日
会社設立 昭和38年9月10日
資本金 1,000万円
売上高 平成14年度実績 年商6億3000万円
平成15年度実績 年商6億6400万円
平成16年度実績 年商6億8500万円
平成17年度実績 年商6億3500万円
平成18年度実績 年商6億3700万円
平成19年度実績 年商6億5800万円
平成20年度予測 年商7億0000万円
社員数 正社員40名 会社全体 約140名
加盟団体 (社)日本フード・サービス協会、新そば会、日麺連 他

沿革

小嶋屋は大正末期に創業し、約70年の歴史がある新潟県を代表するそば屋です。昭和30年4月に現会長の小林辰雄が十日町市に出店して以来、着実に業績を伸ばし、多くのお客様からお誉めのお言葉をいただいています。今現在十日町市は雪と着物とそばの街として、全国的に知られるようになりました。新潟県でも特に十日町市の農家では、昔からそばを食する機会が多く、各家庭の食卓に必要不可欠な食べ物であったと言われています。当社の海藻(ふのり)そばも、実は地域に根ざした伝統の味と技の逸品であり、もともとは織物産地には必要である、ふのり(海藻)を先代小林重太郎氏がそばのつなぎとして使用したことから、この地域のそば文化が発展し、今では越後そばの代名詞とまで評価をいただくまでになってきています。過去数回、天皇陛下始め多くの皇室の方々からもお誉めのお言葉をいただいております。

大正10年 川西町にて初代 小林重太郎が創業する。
昭和30年4月 十日町小嶋屋創業(現会長)
昭和38年9月 会社設立 現在の株式会社 小嶋屋となる。
平成4年7月 十日町本店改装
平成5年4月 新潟県庁前店 オープン
平成6年3月 長岡川崎店 オープン
平成7年3月 本店2階大改装
平成8年3月 上越店 オープン
平成8年11月 麺工房完成(現在年産50万食)
平成9年3月 ほくほく線十日町駅構内に新規事業のファースト・フードそば店 雪中庵十日町駅店 オープン
平成9年7月 雪中庵上越店 オープン
平成11年8月 やなぎ庵新潟駅店 オープン
平成11年9月 雪中庵越後湯沢駅店 オープン
平成12年3月 雪中庵東浦和店 オープン
平成12年9月 (有)雪中庵 設立 ファースト・フード部門を分社化
平成13年11月 ドトールコーヒー長岡ダイエー店 オープン
平成14年1月 雪中庵新潟駅構内5店舗 オープン
平成14年3月 雪中庵上越店 閉店
平成14年7月 新潟県庁前店から新潟店として網川原へ移転オープン
平成14年8月 やなぎ庵新潟店 閉店
平成14年11月 長岡大手店 オープン
平成15年3月 雪中庵東浦和店 閉店
平成15年7月 十日町 和亭 新規オープン
平成15年7月 ドトールコーヒー長野MIDORI店 オープン
平成16年2月 長岡大手店 閉店
平成17年9月 ドトールコーヒー松本公園通り店 オープン
平成18年12月 ドトールコーヒーアピタ新潟西店 オープン
平成19年7月 長岡リバーサイド千秋店 オープン
平成21年10月 くろす店 閉店
平成21年12月 越後湯沢店 オープン
平成22年1月 市役所食堂 オープン
平成22年11月 ブッフェマテリア オープン
平成24年8月 ブッフェマテリア 閉店
平成24年9月 越後ふのりうどん本舗 オープン
平成24年10月 越後ふのりうどん本舗 閉店
平成26年1月 長岡リバーサイド千秋店 閉店
平成27年4月 長岡店移転オープン

今後の方針

当社は手始めに十日町市をそば処として、広く全国に知らしめていきたいと考えています。そのことが結果として、十日町イコールそば処というイメージにつながっていきます。この地域で育った独特のそば文化(海藻ふのりそば・へぎそば)を、今後は越後の代表的な食べ物の一つとして全国の人に伝えていきたいと願っております。言い換えますと、信州そばに負けない越後の代表的な食べ物にしていきたい、また、していく使命・義務が私どもにあるのではないかと常日頃思っております。地域の活性化と発展に微力ながら寄与していきたいと考えております。当社の中期経営計画では、平成10年度には、そば業界において日本一ということになり、より一層老舗としての知名度が知れわたるのではないかと考えます。

私どもは、一人でも多くのお客様に食べていただきたい、お会いしたいという一念により、県が主催するイベント、東京ドームのホットウエーブ新潟などに参加させていただいております。

現在、そば・うどん業界の売上シェアは1兆円といわれています。しかしながら、個人企業・家業的な経営者が多く、業界内におけるトップ企業は存在しておりません。そこで私達小嶋屋が日本一になれるチャンスがあるのではないかと考えたところ、十分実現可能な範囲であるため、まず新潟店・長岡店・上越店の出店を足がかりに、業界No1になるべく「本物」「高品位」「高付加価値」「個性化」を前面に打ち出し、時代に適応した経営を考えております。

「結」 - 御贈答に最適な小嶋屋乾麺の最高級品

「織」 - お手軽なご家庭用の小嶋屋そばとうどん

「生そば」 - お店のへぎそばそのものです